2011年05月29日

離婚の原因


こんにちは。


離婚の流れを語るには自分の例を入れればわかりやすい。


私は5年前に離婚調停〜裁判〜離婚の流れでした。


どんな家庭にも個々の事情がありますが・・・


結論から私の調停〜裁判は、最初から「男は負け!」のシナリオでした。


そう最初から。


元々のきっかけは妻の不倫からでした。


いや、色情狂というべきでしょうか。



37896.jpg
結婚して1年後、


長女が生まれてから車で20分くらいの実家に、


日曜日に頻繁に帰るようになりました。


初孫を見たい義父母のため、


そう思っていました。


ただ、日曜日の夕方には最初は帰宅していた妻が、


6時になり、7時、9時と毎週遅くなってゆきました。


さすがにこう頻繁では気がかりになり、


ある日曜日に妻の実家にお迎えに行きました。


ところが実家にいるはずの妻は不在。


よちよち歩きの長女がいただけでした。


妻の義母に、「00は?」と聞くと、


「ああ、00ちゃんは女友達と会ってるわ。」とのこと。


その時は何の不審も持ちませんでした。


だが、時間は夜10時を過ぎても妻は帰宅しませんでした。


さすがに心配になりましたが・・・


そして、夜の11時過ぎに、


「ただいま〜。」と能天気な声をあげて妻が帰宅。


さすがに義父母の面前で怒鳴るわけにいかず、


「えらい遅かったな?」と温厚に聞くだけでした。


だが、妻のキンキラした姿を見て不審な気がしました。


ただ、妻のまだ若かったですから、


独身の女友達と会うから着飾っているからかと思いました。


ただ、今から思えば、


大甘だった!


そう、妻だけではなく、妻の両親さえも狂っていたとは。


その事実が段々と明らかになってゆく。


その後の結婚生活で。


この続きは次回に。





にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村
posted by ミッキーハウス at 19:19| Comment(0) | 裁判は公平か? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: