2011年07月14日

真夏の夜の夢

おはようございます。



連日の猛暑。



やはり堪えますね。



節電していると死んじゃいそうな気が。


読む前にポチッとお願いします。


にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村


恋愛・結婚




一方的にやられる私。



何か打つ手はないのか?
妻の略奪は丸一日続きました。



何もできない自分に釈然としない私。



この時はまだ司法への信頼はゆるぎないものでした。



(こんな無法が通るわけない。裁判でやり返してやる)



そんな思いで自分を慰める自分。



翌日、自分の家に行きました。



「ガチャッ。」



玄関のドアを開ける。



いつもなら子供たちが飛び出してきて、



「父さん、お帰り!」



と迎えてくれる。



だが、今日は、誰もいない・・・



中はガラ〜ンと何もない!



生活の匂いが無くなった我が家。



(ああ、何もない!何も)



イス、机、ソファー。



何もなく。



自宅へあがる私。



寝室へ行くと、



「ああ、何もない。」



ベッドも。



娘の勉強机も。



あるのは私に衣類のみ。



それも、床に無造作に放置されている。



(ひどい!俺の私物はゴミか)



金目のものは一切なし!



テレビも、



カメラも。



私が買ったものでも高価なものは何もない。



(ドロボウでもここまでしないだろうな)



言葉がない。



子供との思い出の品などなにもない。



写真1枚ない。



今も私の手元には子供の写真1枚ありません。



何もかも根ごそぎ略奪する妻。



(こいつは人間じゃない、鬼畜生だ!)



家の柱に残されたキズ跡。



子供の成長に合わせて背を刻んでやったキズ。



もの言わぬキズが、



確かにここで家庭があり、子供との生活があったことを語っている。




(あれは真夏の夢か?)



そのキズを触り、感触を確かめる。



(ああ〜、これは、長女の分。こちらは長男のキズ)



こみ上げてくるものがあり、



思わず涙が止まらない私。



これが運命だったのか?



こんなむごい結末。



つづく・・・




*未だに収束しない原発事故。


私は、政府は「大本営発表」でウソついていると確信しています。


自分の身は自分で守るしかないですからね。


と言うわけで、「ガイガーカウンター」を購入。


ゴジラの映画でしか見たことなかったのにね。





本格的なものもいずれは必要かも。





命には何も代えられないですからね・・・
posted by ミッキーハウス at 06:09| Comment(2) | 離婚原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。毎日の更新を楽しみに読ませて頂いています。

内容は楽しみと言うわけにはいきませんが…

本当に夢であって欲しい出来事です。
涙が出ました。
Posted by MISATO at 2011年07月14日 08:28
MISATO さま、お返事ありがとうございます。
犯罪や事故で突然、子供を失った親の気持ちが理解できるようになりました。
先日の地震の被害、
まともに目にすることがせきませんでした。
この経験を生かすように天が私に与えた試練だと感じます。
たぶん・・・
これからも応援お願いします。
Posted by ミッキーハウス at 2011年07月14日 17:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: