2011年07月24日

反撃開始!

お昼は相変わらず暑いですが、



朝晩は過ごしやすい日々。



良い感じですね。



読む前にポチッとお願いします。


にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村


恋愛・結婚



弁護士への依頼。



義父母への訴訟。



専門家も驚く戦法とは・・・
夫婦喧嘩に加担する親も多いです。



むしろ無責任な親の行動が、



事態の悪化を招く場合が多いですが。



ただ、その無責任な行為に対してのリスクもあるということを、



相手は覚えてくべき。



私の場合でも、娘可愛さにも度が過ぎる行為。



向こうは愛情でも、



こちらには完全な悪意の行為。



それを甘受する理由はありません。



「で、どんな理由で裁判する?」



くだんのY先生。



「まず。子供の面会を妨害した行為は私の親権を侵す行為だということ。」



これは当然でしょう。



義父は親権者ではないんですから。



「それから、荷物の強奪を計画、指示。そして、白昼堂々と



衆人のもとで行われ、私の信用を著しく傷つけたこと。」



これもそうです。



おかげで近所のさらしものになりましたよ。



私が離婚騒動になって、荷物を持ち去られた噂でもちきりでしたから。



「こんなことされたら信用もクソもないですよ。」



やられてたらやり返す。当然の権利ですが。



「でも、ちょっと強引やで。それと精神的な苦痛にたしての賠償の評価、



日本は低いで。」



小額訴訟で気乗りしない先生。



(あほか!元はあんたがしっかりしてたら荷物とられてないやんけ!)



まあ、弁護士はこんなもんですが。



「いや、先生。金も問題ではないんですよ。



悪いことした人間が徳するのを黙ってられないですから。」



ここは完全に押し切る。



「こちらは仕事やからかまへんが・・・」



しぶしぶ承知する先生。



「じゃあ、訴訟の訴状作ってだすで。」



「よろしくお願いします。宛名は、00 穣(義父の名)、同佐代子(義母の名)で


お願いします。」



このまま終わってたまるか!



特に、あの義父母は許せない!



そう、人の好意を踏みにじる奴。



(裁判所の法廷に引きずり出してやる!)



子供と引き裂かれたものの気持ちを、



たとえ何%でも味わせないと気がすみませんでしたから。



でも、結果的に意外な効果がでました。



そう、暫らくたってからわかることですが。



つづく・・・
posted by ミッキーハウス at 08:26| Comment(2) | 離婚原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見させて頂いてます。 私の友人も奥さんと別居中で、義父義母の策略により調停&子供との面会阻止されている状態ですよ。
主さんのブログを紹介しますね
Posted by たたみ at 2011年07月24日 10:37
たたみ様、ありがとうございます。

是非、お願いします。

私の経験が生かせれば、

いつでもアドバイスさせていただきます。

でないと、一方的な展開になりますから。

私のような被害者を1人でも無くしたい

ですからね。

よろしくお願いします。
Posted by ミッキーハウス at 2011年07月24日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: