2011年08月02日

離婚調停 =無駄な時間 その1

おはようございます。



毎日、暑い。



うだるような暑さとはこんな感じです。



読む前にポチッとお願いします。


にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村


恋愛・結婚


調停は少なくとも1月〜2月に一度。



こんなのんびりしたのが日本の裁判。



悲劇です・・・
調停は本当になが〜い戦い。



というよりも、



彼らには遊びとしか思えないです。



やった方は高みの見物。



やられた方はじりじりとしても、



手も足もでないんです。



そして、調停員が毎回言うことは、



「お互いも妥協点を見出ださないと、裁判になりますよ。」



(上等!はやく裁判させろろ!)



こんな生殺し状態がず〜と続くなんて予想外。



これ以上、こちらが何を妥協するのか?



ところが妻の態度は2回目から変わりました。



「離婚する!」と主張し始めました。



まあ、両親相手の損害賠償しましたからね。



こちらの怒りがハンパでないことがやっと理解できたんでしょう。



「子供さえ押さえておけば、犬のように尻尾を振る。」



そう思い込んでいたようですが、



こちらも良い歳した大人。



子供と自分の人格を売るのとは別問題。



子供、可愛さのために、



妻の売春まで認めるような甘い男では無いですが。



こちらの要求はただ1つ、



子供を返さないのなら一切の妥協はしない。



この点だけは絶対に譲れません。



ただ、困ったのが調停員。



「いや、もう少し考えてください。」



そう、裁判をさせないんです。



当事者がいくら主張しても、



「また、来月まで考えてください。」



その繰り返し・・・



この繰り返しが約1年続きます。



(いい加減にしろよ!)



本当に調停には困りましたね。



続く・・・




*お知らせ


このたび、夫婦の問題、離婚、不倫に悩む方々へカウンセリングをして、



少しでも傷ついた皆さんの手助けをするための場所。


そんな相談所を立ち上げました。


まずはお気軽にメールでご相談ください。


私のような目に遭わないように、誠心誠意対応いたします。


メールはこちらのホームページの窓口から。


夫婦問題コンサルティング大阪



http://minogame2563.toypark.in/sub1.html
posted by ミッキーハウス at 05:49| Comment(0) | 離婚調停 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: