2011年08月17日

子供は父を忘れたか?

おはようございます。



昨日は、お墓参りをしてから、



いきなり山梨まで行く羽目になり、



往復1000キロのドライブでした。



運転、飽きてきましてが。



読む前にポチッとお願いします。


にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村


恋愛・結婚



休みの間には沢山の友人、知人と会います。



そこで皆さんは皆、



「子供さんは忘れてないよ。」



そう言ってくれるんですが・・・
「子供さん、お父さんのことは忘れてないよ。」



皆さん、慰めてくれます。



最初はうれしかったんです。



でも、



最近は「・・・」



理由は?




このせちがない世の中。



生きて行くだけで精一杯。



誰も余裕がない日本。



子供たちも大きくなり、



自我が目覚めて、



おとなになってゆく。



親から離れて、



愛する人と出会い、



自分の家族を作ってゆく。



自分の人生を生きるのが精一杯。



そんな中で、



昔に別れて、それっきりの父親。



子供たちこれから生きて行く時間のほうがはるかに長い。



そんな子供の人生の片隅に、



そんな父親が入り込む隙間などあるのかな?



そんな考えがついて廻るようになりました。



どなたか教えて欲しいですね。



親子の絆。



本当にあるんでしょうか?



死んだときにわかるんでしょうかね。



「子供ってこんなものか。」



そう思うか、



「やっぱり子供は覚えていてくれた。」



納得できるか。



誰か教えて欲しいです。



永遠のテーマでしょうか。



離婚バトルは死ぬまでの戦いなんでしょう。



そう、



元妻と私の。



お盆明け、



また仕事に頑張りましょう。



ではまた。




*お知らせ


このたび、夫婦の問題、離婚、不倫に悩む方々へカウンセリングをして、



少しでも傷ついた皆さんの手助けをするための場所。


初回のメール相談は無料です。



話せば気持ちが楽になりますよ。



まずはお気軽にメールでご相談ください。


私のような目に遭わないように、誠心誠意対応いたします。


メールはこちらのホームページの窓口から。


夫婦問題コンサルティング大阪



http://minogame2563.toypark.in/sub1.html
posted by ミッキーハウス at 06:12| Comment(4) | 子供について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミッキーさんへ♪
おはようございます(^00^)
山梨まで?つい最近ワタシも行ってきたばかりです。
朝1番、コメントありがとうございました♪
嬉しかったです。
>親子の絆。
あるかないか?との問いは、あると思います。でも、最初から親らしいことも、子供も一緒に住んだことなかったとか?そんな事情があると、正直、わかりません。
世間で<血>は水より濃いと、言いますが・・・それは、物理的なこと?
<血>の影響はそれほど?ないような気がして・・・
<血縁>よりも、それまでの繋がり・関係なのかな?って。。。

昔、赤ん坊の取り違え事件ありましたよね?
杜撰な管理で。。
でも、親が判明しても、やっぱり
家族を築いていくには、時間がかかり
それまでの<家族>を、想い出を共有した時間を一切消すことなどできないし。。。
すると、あの時、一緒に過ごした<家族>が
自分の家族だと、思うキモチが強くなってくるのでは?

話が逸れてたならごめんなさいです。

絆・・・・真の絆があります。

Posted by mimi at 2011年08月17日 10:55
mimiさま、そのとおりですね。

産みの親より育ての親。

絆・・・

あって欲しい。

こればっかりは未来にならないと、

判らないでしょうが。

ただ、子供と別れたのが小4と幼稚園の

年長さんの歳。

ことの経緯はある程度理解はしてます。

まあ、現在中2と小5でしょうが。

自分たちの判断はまだまだでしょうが。

ただ、死ぬまでには一度」会いたい。

そんな淡い希望はありますが。

未練なんでしょうね・・・
Posted by ミッキーハウス at 2011年08月17日 15:52
ミッキーさんへ♪
おはようございます(^^)
様々な事情での、別れを経験しますが
人は感情を持ってますから
色々な想いが、交錯しますよね。。。。
親子の縁は、ずっとずっと繋がっていると
時間を超えて、互いに歳を重ねても。。。
そう信じて生きたいですね。
淡い希望でも、願いでも。。。。
叶うこと、信じて下さいませね。
世間でも、ミッキーさんのご事情のような
こと、もしかしたら?ありがちな話かもしれませんが、人が人を、わが子を想う気持ち。それは純粋なものだと思います。

Posted by mimi at 2011年08月19日 11:43
mimiさま、お返事ありがとうございます。

<わが子を想う気持ち。それは純粋なものだと思います。

身に染みとおります。

子供のことを考えたくない。

忘れたい。

そう思ってみても、

無理なんですね。

理由は?

親だから。

親の性。

自分の分身。

言葉にならないですね・・・

mimiさま、

心の底の声をきいてもらえたような気分

です。

女性は強いし、

優しいですね。

元妻以外は。

あなたの励まし、

心深くに戴きます。

ありがとうございます。
Posted by ミッキーハウス at 2011年08月19日 13:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: