2011年09月04日

養育費のとり方

おはようございます。



台風の被害、



大変ですね。



地震の次は台風。



今年の日本は当たり年ですか。





読む前にポチッとお願いします。


にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村


恋愛・結婚



今日は養育費のとり方。



離婚するにしても、



すんなり払う相手ばかりではないですね・・・
おはようございます。


台風、



今日の養育費のはなし。


別れる相手が金があるとは決まっていません。



プー太郎のダンナとの離婚・・・



<養育費計算書?によると1万7千円くらいと



言われました。



私は現在 3回目の養育費の調停を控えています。



離婚し7年ほどたちますが 、



元旦那が養育費を払わなくなり音信不通となり、



住所のわかるうちにと申し立てしました。



相手方は1万しか払わないと言っており、



私は2万5千円と言っています。



調停で決まっても未払いの可能性が強い



元旦那にたいして 、



この先なにかお知恵がありましたら



よろしくお願いします。



払ってもらえていた時は2万円払ってもらっていました。



調停員の方は18歳までの請求に



したらどうかと言います。



20歳までの根拠は何かと言われます。



18歳まで、



2万円に妥協すべきでしょうか?




未払いの分、借用書の分はなかったこと、



諦めることにしました。



無知、乱文すみません。



今の50万と言いたいところですが、



そんな金先方にはありません。



どうしたらいいんでしょうか?>




プー太郎のパターンですね。



判決は紙切れ。



実行は難しいのが現実。



たとえ、18歳まで2万と決めてても、



何時まで払うかは疑問です。



私のアドバイスは、



「それならいっそ、



今ある財産分をもらうかですかです。


貰える可能性の低い2万円より、



今の10万のほうが良いかもしれませんよ。」


以前、ある相談者さん、



そのお金を、相手のダンナさんを



サラ金に一緒に連れて行き、



その場で現金を貰ったそうです。



あくまでも参考ですが。



親戚にお金を借りてもらって、



その場で払ってもらうのも良いかも。



相手もプー太郎では支払いがムリ。



取れるときに取る算段みたいでした。



生活が掛かっていますから。



お子さんの生活が大事です。



ではまた。




*お知らせ



夫婦の問題、離婚、不倫に悩む方々へカウンセリング・ルーム。




初回のメール相談は無料です。



話せば気持ちが楽になりますよ。



まずはお気軽にメールでご相談ください。



メールはこちらのホームページの窓口から。


夫婦問題コンサルティング大阪



http://minogame2563.toypark.in/sub1.html
posted by ミッキーハウス at 07:43| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: