2011年09月19日

証人調べ その5 妻の泣き落し

おはようございます。



昨日は良い天気でしたね。



台風の晴れ間?



今日も、



良い天気みたいですね。





読む前にポチッとお願いします。


にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村


恋愛・結婚


さて、


今日は私事のつづき。


証人調べ、妻編。
証人調べ。



私と入れ替わりに妻が証言台に。



「00ようこさんですね?」



「はい。」



「では、証人調べは初めてください。」



「では、始めます。」



相手側の弁護士が淡々と質問を始める。



「あなたは平成9年に結婚されましたね?」



「はい。」



面白くもない質問が続く。



(いまに化けの皮はがしたるで)



そして、最初に想像したとおりに、



泣き始めます。



「う、ううう〜。」



「大丈夫、落ちついてください。」



「すいません。」



(何が〜、すいませんや!いつもの手が始まったな)



そう、



妻の最大の武器は「泣き落し」なんです。



合コン仲間から、



「泣き落しのシノ(旧姓がシノという発音が入るので)ちゃん」、



そんあ呼び名で通っていましたから。



そう、



自分の感情を隠す手段には色々あり、



詐欺師などがよく使う手です。



一番下作が、笑みを使う。



笑って警戒心を解く方法。



まあ、営業でもなんでも使いますが。



笑って、心の本心を隠す方法。



次は、怒り。



怒りで相手をの恐怖心をあおり、



自分の感情をごまかす方法。



政治家とか弁護士とかが一番使う手です。




ところが一番狡猾な手段は、



泣く、そう、わんわん泣く。



しみじみ泣く。



泣くことは同情を引けます。



有名人や会社の社長なんかも、



不祥事なんかのときに泣いていますよね。



あれはほとんど計算ずくでないているんです。



そこまで計算する悪人でないと



そこまで上り詰められないのでしょうね。



妻も極悪タイプの泣き落し。



泣けば、本心を隠せるし、同情を引けるのが計算ずく。



そんな女です。



(やっぱりな)



そのために、陳述書ではいたるところに、



妻の泣き落し戦術を書いてきました。



茶番の45分の質問が終わる。



(さて、こちらの番だぜ!)



散々、やられてきたことへの返りうち。



こちらの弁護士が立ち上がる。



(頼むで、Y先生)



「では、被告人にお聞きします。」



最大の攻防が始まる。



つづく・・・



*お知らせ



夫婦の問題、離婚、不倫に悩む方々へカウンセリング・ルーム。




初回のメール相談は無料です。



話せば気持ちが楽になりますよ。



まずはお気軽にメールでご相談ください。



メールはこちらのホームページの窓口から。


夫婦問題コンサルティング大阪



http://minogame2563.toypark.in/sub1.html
posted by ミッキーハウス at 05:37| Comment(0) | 裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: