2011年09月20日

不貞行為について

今日は彼岸の入り。


墓参りに行ったら



大雨でしたが。



読む前にポチッとお願いします。


にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村


恋愛・結婚



今日は、不貞行為について。
<不倫相手が夫と同じ職場でない限り、



夫に配偶者がいることを認識していたか



どうかを証明することは不可能ですか?



夫の口から「(不倫)相手は自分が結婚している



事を知っている」と聞いていて、



その発言をした日付やメモを取っていても、



いざ調停や裁判で不倫相手が否定したら



慰謝料請求は無理でしょうか?



何か有効な方法があれば教えてください。




この場合、



相手の認識はあまり関係ないですよ。



不倫行為が、



以下に継続的かつ、反復的に行われてきたか。



これを立証すれば良いんです。



状況証拠ですね。



できるだけ、記録、メモを残しておき、




継続性を立証しましょう。




相手の同意のない録音は証拠能力が




ないと言いますが、




参考資料としては認めてくれます。



これが沢山あれば、




裁判官の不倫の事実行為を



判決に入れてくれるはずです。



何でも記録しておきましょう。



ではまた。



*お知らせ



夫婦の問題、離婚、不倫に悩む方々へカウンセリング・ルーム。




初回のメール相談は無料です。



話せば気持ちが楽になりますよ。



まずはお気軽にメールでご相談ください。



メールはこちらのホームページの窓口から。


夫婦問題コンサルティング大阪



http://minogame2563.toypark.in/sub1.html
posted by ミッキーハウス at 08:18| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: