2011年11月19日

証人調べ その6 証人調べの終結

おはようございます。



週末の土曜日。



雨の朝になりました。






読む前にポチッとお願いします。


にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村


恋愛・結婚


さて、長らく休んでいましたが、


私のバトル編、


妻の証人調べです。
証人調べ。



証人席でこちらの弁護士に詰め寄られる妻。



「もう一度お聞きしますが、



なぜ、子供さん名義の通帳なんでしょうか?




再三、あなたにはあなた名義の口座の記録をお願いしましたね。



にも関わらず、あなたは自分名義の口座ではなく、



子供さんの名義の口座を提示されたましたね。」



おそらくは、


売春相手の名前がズラリの妻の口座。






「その理由を説明してください。」




詰問する弁護士。




押し黙る妻。



「なぜ黙っているんですか?



見せられない理由があるからじゃないんですか!」



(お〜、良い感じ。どや!答えてみりや!)



裁判官も沈黙を守り妻の返答を待っている。



そして、沈黙を破り口を開く妻。



「私は最初から自分名の口座はもっていません。」



「?」



そう、弁護士も裁判官も言っている意味が理解できなかったようで、



私もひっくり返りそうになりましたが。



(何を言ってるんだ、この女!)


「私は厳禁でしか持つのが嫌ですから、



口座は子供ができるまで持っていません。」


「じゃあ、貴方は全財産を全部現金でいつも持ち歩いているんですか?」


「はい、そうです。」


その答えに裁判官は呆れたように苦し笑いを浮かべ、



弁護士もバカげた答えすぎて突っ込みようがない状態。



「へ〜、ずいぶん危ない保管されているんですな〜」



ここまで開き治ると呆れるしかないですが。


「では、質問を変えます。



あなた、学校へ毎朝お子さんを送っていましたね?」



(おっ、男遊びの立証やな)



「はい。」



答える妻。



「では、何時に送り、帰宅は何時?」




「朝8時に送り、お迎えは4時くらいです。」



「ほ〜、では、その間の時間は何をされているんですか?



あなた、毎日の送迎後は夜の7時すぎまで帰られませんね。



一体その間は何をされているんですか?



あなた、専業主婦で働いていないはずですが。」



またまた、黙る妻。



(おお〜、良い質問やんか)


「一体毎日、そんな長時間何をされているんですか?



説明してください!」



一気に加勢にでる弁護士。



沈黙の後、



「買い物とかしていました。」



「買い物?8時間近くも買い物?




それも毎日?どんな買い物ですか?」



「忘れました。」



「忘れた?毎日8時間も買いものしているのに、



全部忘れるんですか?」



「はい、忘れました!」



(へ〜。)



裁判官も弁護士も同じ感じでしたが。



ただ、呆れるしかないです。



「もう良いです、質問終わります。」



こんな恥も外聞もない人間に質問しても無駄。


裁判官もここまでのやりとりを聞いていれば、



妻が男遊びしているのが理解できたようですが。



「これで証人調べを終わりますが、



私から2人に直接お聞きしたことがあります。」




裁判官が終結まえにこう宣言されました。




「原告のご主人への質問ですが・・・」




思いもしない裁判官からの質問。




最後のオチが待っていました。




つづく・・・




*お知らせ



夫婦の問題、離婚、不倫に悩む方々へカウンセリング・ルーム。




初回のメール相談は無料です。



話せば気持ちが楽になりますよ。



まずはお気軽にメールでご相談ください。



メールはこちらのホームページの窓口から。


夫婦問題コンサルティング大阪



http://minogame2563.toypark.in/sub1.html
posted by ミッキーハウス at 07:41| Comment(0) | 裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: