2016年06月29日

夫がクソすぎてもう離婚したいです。









読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




おはようございます。!




2016年6月29日、感謝の朝です。




「過去のことを考えている暇があるなら
...

自分の目標と未来に全神経を集中しなさい」




by ブライアン・トレーシー
(カナダ・プリンスエドワードアイランド州出身の自己啓発作家、ビジネス書作家、経営コンサルタント、講演家、実業家)




過去は変えられないが、未来は自由自在です。




今日もよろしくお願いします。




5d0598839a39bc1aa8653afa60e7c98b.jpg






さて、夫がクソすぎてもう離婚したいです。







そんな相談です。





家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




















家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜








<結婚3年目なんですが、夫がクソすぎてもう離婚したいです。




昨日知らない女性が家に来ました。




何事かと思ったら夫にストーカーされていると言うのです。






彼女は探偵を雇って写真や録音した音声などを私に見してくれました。




まぎれもなく夫の写真、声でした。




警察に被害届を出す準備は出来ていると言われました。




夫は去年にもストーカーまがいの事をして警察に注意されていました。




もう我慢の限界です。




離婚しようと思ってるのですが、いくつか質問したいです。

現在私には1歳未満の赤ちゃんが居ます。




離婚することになった場合当然別々の家で夫と過ごします。




ですが今現在私達は夫の会社の一軒家の社宅に住んでいます。




環境を変える事は赤ちゃんにとって物凄い負担になります。




ですので私はこの社宅に残りたいと思っています。




夫はおそらく「俺が働いている会社の社宅なんだから、




俺が残るのが当然」と言ってくるでしょう。


私が社宅に残ることは出来るのでしょうか?

また、仮に残る場合になったときその費用は夫持ちになりますか? >







そもそも、会社の規定があるはずです。

会社の総務と相談されるのがいいですよ。




基本的に、会社の従業員と関係なくなった人は住めないはずです。




転居費用を出さして転居するのが現実的かもしれません。


















posted by ミッキーハウス at 09:20| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: