2017年05月18日

旦那の夜の夫婦生活に答えられなくて悩んでます。








*その話は本当なの?情報の真偽を追及するサイト




;">「美容・ダイエット情報の噂の真偽、口コミ、噂の裏側、話題の真相は?」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

レグフィットマッサージスリムソックス(美脚レギンス)

最初に「いいね!」をお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




--------------------------------------------------------------------------------






おはようございます!




2017年5月18日、感謝の朝です。




「人生は広くもなれば狭くもなる。




それは人生から何を得るかではなく、




人生に何をそそぎ込むかにかかっている」




by赤毛のアン
(ルーシー・モード・モンゴメリ、カナダの小説家)




自分の人生には全てを注ぐ価値がある。




今日もよろしくお願いします。



010ded22927bedfee34d30bb90ead4c2.jpg




さて、結婚してまだ1年も経っていませんが、




旦那の夜の夫婦生活に答えられなくて悩んでます。




そんな相談です。








--------------------------------------------------------------------------------


この世界には、理想のお相手が必ず貴方を待っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜








<同棲して3年が経ったのでそろそろ結婚をと考えていた頃に妊娠が分かり、


その2ヶ月後に流産してしまい、その後に籍を入れました。

流産して半年程経ちましたが、

なかなか私自身(20歳)が立ち直れていません。


生理も今までちゃんときていたのですが、


流産の後から周期もバラバラで、


血の量が増え生理痛が酷くなったりと、


気持ちも身体もしんどい状態が続いています。

夫(22歳)はまだ若いのもあって元気ですし、子供が欲しいと言ってくれてます。


週に4回ほど誘って来てくれるのですが、


私がそういう気分になれず断る事が多くて夫婦生活は月に1.2回ほどです。


断ると手でしてとお願いされますが、


それも月に1.2回しか答えられてないです。

その事で「新婚とは思えやん」


「自分でするしかないなら独り身と変わらん」


と言われてしまいました…


夫の言うとうりだと思います。


20代の新婚で月に1.2回は少な過ぎるのも分かっていますし、


断る私がダメなのも分かります。

旦那の事は今までと変わらず大好きだと思ってますが、


夫婦生活の事になるとしたくないと思ってしまいます。


ずっと断り続けるのはダメだと思い1.2回は答えるようにしてますが、


行為中もとにかく早く終わって欲しいと考えてしまいます。


そんな気持ちで夫婦生活をするのもしんどいです。

流産してからは避妊してますが、


夫婦生活の後に生理がなかなか来なかったりすると、


妊娠してる筈がないのに不安になって旦那に当たってしまいます…


そんな自分が嫌になって気持ちが沈んでしまったりの繰り返しで、


私自身が立ち直るまでは夫婦生活はしたくないって思ってしまいます。

夫に我慢させてばっかりで申し訳ない気持ちでいっぱいです。


今度は断らないでおこうと思っていても、


いざそういう雰囲気になると旦那の気持ちより、


自分の気持ちを優先してしまい断ってしまいます。

夫とこれからも仲良く過ごしていくためにも、


少しでも早く私自身が元気にならないといけないと思っています。

同じような経験をされた方がどう改善していったのかなどお話聞かせて頂きたいです。 >




まず、流産は可哀想ですね。

でも、お子さんは天からの授かりものです。

私も、双子でしたが早産で妹は死に、私だけが生き残りました。

これもその人が持つ運。

結婚していた時にも、流産を経験したのも運。

その子は、心臓が止まっていたので、仕方なく降ろさせました。

流産されたのは貴方の責任ではありません。その子の運です。

そのショックは判ります。

でも、子供は天からの授かりもの。

流産したお子さんが次のお子さんの生まれるのを手助けもしてくれます。

産まれて来れなかったお子さんの為にも、その子の兄弟を作って、

流産したお子さんを安心させてあげましょう。










posted by ミッキーハウス at 08:44| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: