2018年03月30日

彼氏が風俗に行ったことが発覚しました。












皆さん、こんにちは。今回、離婚サバイバル日記〜生き残るのは俺か、鬼嫁か?の傑作選をまとめた本「 浮気・不倫・W不倫〜男と女のサバイバル日記」が、AmazonのKindle本で出ました。価格も安いので、良かったら読んでみてください。

第三集「不倫の相手はソープ嬢・・・」など収録して新発売しました。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



最初に「いいね!」をお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




--------------------------------------------------------------------------------



おはようございます。

2018年3月30日、感謝の朝です。

「道徳を忘れた経済は、 

罪悪である。

経済を忘れた道徳は、

寝言である」

by 二宮尊徳(二宮金次郎)

(薪を背負いながら本を読む姿の像で有名な江戸時代後期の農政家&思想家)



10a1e608dbade98f6a4fcb0cacccd1a7.jpg



さて、彼氏が風俗に行ったことが発覚しました。

そんな相談です。



































--------------------------------------------------------------------------------













<会話の流れで彼がうっかり風俗に行ったことがあると言ってしまい、

あまりのデリカシーのなさにショックで言葉が出てきませんでした。

1回だけでも嫌で仕方ないのに、2回は行ってるようです。

私が怒ると、彼は慌てて、

「過去のことだから」

「1回は未遂だから」

「彼女がいない時だから」と言い訳を並べ立ててきました。

私にとっては過去のことだろうとなんだろうと、

好きでもない女の人とキスや性行為をした、という事実がおぞましく感じ、

同じ手で触られることに抵抗を覚えます。

(元カノと性行為したかは知りませんが、

好きな人と、という点で嫌だけど仕方ないと思います)

それ以上は詳しく聞きたくなかったので聞きませんでしたし、

反省しているようだったので責めませんでしたが、

ひとりになったときに、

「未遂じゃない時はどこまでやったんだろう」とか、

「本当に2回だけなんだろうか」とか、

「未遂ってどこまでなんだろう」とか、

ありとあらゆるネガティブな想像が浮かんできて、涙が止まりません。


最近では夜も眠れなかったり、夢にも見たりして本当に気が参ってます。

男の人にとって風俗なんてただの性欲処理であり、

そこに恋愛感情がないことはわかっています。


大半の男性は風俗に行ったことがあることも頭ではわかってるんです。


でも、どうしても気持ちが追いついてきません。


わたしはキスや性行為は本当に好きな人としかしたくないので、

今までお付き合いした彼氏も何人かいますが未だ処女です。

(ちなみに20代です)

ようやくこの人となら…と思える人に出会えたのに、

その人が風俗に行っていたと知って悲しくて仕方ありません。

彼のことは好きなので別れたくありません。

出来れば笑って許せるようになりたいです。

1度許したことを本当は許せずにずっと悩んでいたことを、

彼に打ち明けてもいいのでしょうか。

風俗に行っていたのはわたしと付き合う前です。

会社の人の付き合いで仕方なく行ったそうです。

今後一切受け入れないわけではありません。

望むならもちろん応えます。

ですがその第1歩として、嫌だな、と思った気持ちに、

どうやって踏ん切りをつけたらいいのかを知りたいです。

どうやって気持ちを納得させられるのでしょうか。>




まず、男の性欲はドンドン湧いてきますのでそれをどう処理するかが問題です。

方法は、恋人で解消するのが良いのですが、

いない場合はマスターベーションする。

でも、これも飽きます。

ナンパ野郎なら女を引っ掛けて処理しますが、

彼氏が真面目ならそんなことはしませんよ。

もちろん、歪んだ奴なら、痴漢や強姦などに走ります。

まさか素人の女性にいきなり頼めないでしょう?

そんなことしたら変態として捕まります。

となると、風俗というお金で処理してくれるところが一番となります。

確かに行為としては女性には嫌われるところですが、

男性の生殖機能から定期的な解消をする必要もあることを考えてあげてください。





















posted by ミッキーハウス at 09:20| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: