2018年04月03日

去年の始め頃に妻が不倫をしていることが発覚し、問い詰めた頃から夫婦関係に亀裂が入りました。







皆さん、こんにちは。今回、離婚サバイバル日記〜生き残るのは俺か、鬼嫁か?の傑作選をまとめた本「 浮気・不倫・W不倫〜男と女のサバイバル日記」が、AmazonのKindle本で出ました。価格も安いので、良かったら読んでみてください。

第三集「不倫の相手はソープ嬢・・・」など収録して新発売しました。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



最初に「いいね!」をお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




--------------------------------------------------------------------------------



おはようございます。


2018年4月3日、感謝の朝です。


「懇意な間柄なら 


人に失礼なことを言っても許されると


いい気になってはいけない。


人と親しくなればなるほど


さらに気配りや


礼を尽くすことが必要になる」


by オリバー・ウェンデル・ホームズ・シニア

(アメリカの作家、医学者、大学教授)




3b331130d078179f21c7a8e2b066eba2.jpg




さて、去年の始め頃に妻が不倫をしていることが発覚し、


問い詰めた頃から夫婦関係に亀裂が入りました。


そんな相談です。



































--------------------------------------------------------------------------------











<私には子供が二人います。


私と妻とは30代で結婚6年目になります。

不倫をした理由は私とのセックスレスが原因で寂しかったとのこと。


ただ現段階では「私とのセックスはしたくない」、


「触られたくない」と言われます。


時間が解決してくれるだろうと思い、


不倫していたことは水に流し、


今まで通りの生活が送れるように気を使っていましたが、


最近になって、「離婚したい気持ちはあるが子供のこと(収入面)で離婚したいとは言えない」


「これから生活していくのが不安」


(仲が悪いままの生活が続くのが嫌)、


「シングルマザーになって私の収入で生活出来るかな?」といった質問を私に投げかける等、


離婚を仄めかすことを口にするようになりました。


なぜそこまで私の事を嫌に思うのか?


なぜ離婚を考えるのか?を聞いた所、


「生理的に受け付けない」とのことです。


自分で言うのもなんですが、


定職についてそれなりの給料を毎月得ており、


定時に帰ることが出来る環境のため家事・育児にも協力的であると思っています。


不倫をされて、「生理的に受け付けない」と言われて惨めな気分になっています。


子供と離ればなれになってしまうこと、


妻との関係がこれで終わってしまうことを考えると、


離婚したくないという気持ちがあります。


同時に、離婚してしまった方が子供の教育上(仲が悪い夫婦)良いのか?


この環境から逃げ出して楽になりたい。


という気持ちが交差してしまいます。


夫婦の関係を取り戻すために頑張るのか、


離婚してしまうのがいいのか、


これから先、家族に対して出来る事、


どのようにすればいいのか、


どのようにしたいのか分かりません。


誰にも相談できない内容ですので、


今の現状についての言葉を頂きたく投稿させて頂きました。


質問の内容が不明であるとは思いますが、言葉を頂きたいです。 >


そもそも、不倫されて許している段階で奥さんに舐められています。

だから、不倫しておいてのうのうと貴方に離婚の話などするんです。

そんな女に未練持っていればいるほど、

女の行為はもっとエスカレートしていきますよ。

そして、貴方はタダの動くATMとして使われるだけ。

男としての意地があるのなら、まず不倫相手を特定してその証拠を掴む。

そして、証拠ができた段階で弁護士と相談して相手に内容証明郵便を送り損害賠償請求する。

同時に、離婚調停を起こして、嫁にも損害賠償請求を起こす。

それを出すタイミングで子供を連れて黙って別居してしまう。

さもないと、先に子供を連れ去られてしまうからです。

ここまでしたら時間をかけて離婚する。

そうすれば子供も貴方のモノになるし慰謝料も取れる。

高慢なおバカ嫁を奈落の底に沈みます。
posted by ミッキーハウス at 06:19| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: