2018年06月22日

主人が、私が可愛がっていた会社の後輩と4年も不倫






皆さん、こんにちは。今回、離婚サバイバル日記〜生き残るのは俺か、鬼嫁か?の傑作選をまとめた本「 浮気・不倫・W不倫〜男と女のサバイバル日記」が、AmazonのKindle本で出ました。価格も安いので、良かったら読んでみてください。

第三集「不倫の相手はソープ嬢・・・」など収録して新発売しました。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



最初に「いいね!」をお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




--------------------------------------------------------------------------------








おはようございます。




2018年6月22日、感謝の朝です。




「行動が役立たなくなったら 




情報を集めなさい。




情報が役立たなくなったら




ひと休みしなさい」




byアーシュラ・K・ル=グウィン

(アメリカ・カリフォルニア州出身の小説家。「SFの女王」と称され『ゲド戦記』も彼女の作品)





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


3fa14c2bece23655b11348394cb5035f.jpg



さて、主人が、私が可愛がっていた会社の後輩と4年も不倫して、




別にアパートまで借り、週に2日は通っていました。


その子と別に、私の友達とも不倫し、




妊娠して中絶させている過去を知りました。




そんな相談です。










--------------------------------------------------------------------------------



















<主人は性欲が強くて、拒否すると浮気されそうだったので、




これまで夫婦生活を拒否したことは一度もないです。


不倫中でさえ、私との夫婦生活は3日に1回のペースでありました。


うっすら女の影を感じても、スナック通いか風俗程度だろうと思い、




自営業なので、不在気味の主人の分まで仕事をこなしました。


そこまで馬鹿な遊び方はしないだろうと信じていたから。


子供達にも主人の文句を吐いたことなど一切ないので、




子供達も主人が好きです。

あまりのショックに、




自傷行為に及ばないよう私なりに理性でコントロールしていますが、




本当に地獄です。


今まで生きてきた中でも1番辛い出来事です。


主人は別れたくないと必死になっています。


とても仲が良く、家族いつもくっつき合っていたのに、




思いのほか厳しい現実に心が張り裂けそうです。


再構築の苦しみは、離婚を上回ると聞きました。


ちなみに主人も私も不倫相手2人も全て同一社内であり、




私以外は他者も周知の事実だったとのことです。




惨めです。




アドバイスをお願い致します。 >




まず、私は元妻に不倫をされた方です。

不倫したことに口では反省していましたが、本心は全然・・・

結局、子供を連れ去り、裁判でも負けましたね。

旦那さん、口では反省していると思いますが、

心の打ちでは全然していないですよ。

理由は簡単で、色情は性癖ではなく病気なのです。

旦那さんは色狂いの病気を持っている男ということ。

これは、死ぬまで治りません。

そして、「私が我慢すれば・・・」と思って現実回避しても、

当の本人が反省できない病気だから、ずっと苦しめられます。

人生、決断しなければいけない時があります。

先送りするほど事態は悪化して、最後には破綻するのです。

貴方が悩むことは無いのです。悪いのは旦那なのですから。

子供に嫌われるのは当たり前。そんな事をしたのは旦那。

全ての行為には、家族への冒涜になるという現実を与えることです。

奥さん、現実の先送りは止めましょう。











posted by ミッキーハウス at 09:16| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: