2018年06月27日

私のせいで娘の結婚を破談にしてしまい、娘からも絶縁されました。






皆さん、こんにちは。今回、離婚サバイバル日記〜生き残るのは俺か、鬼嫁か?の傑作選をまとめた本「 浮気・不倫・W不倫〜男と女のサバイバル日記」が、AmazonのKindle本で出ました。価格も安いので、良かったら読んでみてください。

第三集「不倫の相手はソープ嬢・・・」など収録して新発売しました。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



最初に「いいね!」をお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




--------------------------------------------------------------------------------







おはようございます。




2018年6月27日、感謝の朝です。




「惰性で人生を送っていると




私たちは揺すられて下に落ちていきます。




毎日くり返すことにこそ




日々、新たな魅力を吹きこんでいかなければなりません」




byラルフ・パーレット

(ユーモア溢れる講演で人気を博したアメリカの講演家、著述家)








〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


785eb61281375461b9d2f81d4b9f5439.jpg



さて、私のせいで娘の結婚を破談にしてしまい、娘からも絶縁されました。




どうすればいいでしょうか?




そんな相談です。








--------------------------------------------------------------------------------
















<去年の話です。


娘は当時27歳で、




大学時代にバイト先で知り合って5年以上付き合っていた男性がいました。




そろそろ結婚も考えていたようで、




婚約する前に私と妻に挨拶に来ました。


しかし、その男性の学歴や勤務先を見る限り、




娘とあまり釣り合わないように感じてしまいました。




そのことで私も妻も結婚は考え直すべきと思い、




男性に対してかなりきつく当たってしまいました。




具体的には、こんな三流大卒では娘に合わない、




こんな零細企業では将来性がない、とかなり口を悪くして言いました。

後日、男性の方から結婚は辞めたいと娘に連絡が来たようです。




『結婚は家族間の問題だから、両親とは関わりたくない』と言われたらしく、




そのまま娘は彼氏と別れることになりました。

娘はかなりショックを受けたようで、数日間会社にも行けませんでした。


私達はこのくらいで結婚を諦めるくらいの人なら、




元々あまり結婚する気はなかったんだろうと言って、




娘にはもっと大切にしてくれる男性を探すべきだと慰めました。

その結果、娘は私達に絶縁を告げて家を出てしまいました。




その後は1年近く音信不通です。


今では私も妻も娘の結婚を破談にしたことは本当に申し訳なく思っています。




娘の慰め方も無神経だったと反省しております。


娘を失った喪失感でいっぱいです、




どうすれば娘と復縁できるでしょうか? >





まず、親が勘違いするのは、




子供の人生も親が決めるモノと思っている点です。




「親の言うことを聞いていれば大丈夫」とか言いますが、




その通りにして、失敗したら親は責任を取れますか?




子供は確かに子供ですが、




子供の人生は子供自信のモノであり、




親がとやかく言う権利はありません。




子供が決めた相手と結婚する。




上手く行かなくても責任は子供がとるべきもので、




親が取るものではありません。




その相手との結婚が100%ダメになるという確証はありません。




上手く行っても親であるアナタは反対するのでしょうか?




また、アカの他人の学歴や勤め先を見て、




アナタがその人の将来性を決めつける権利などはありません。




それは、失礼以外の何ものもありません。




そんな親に結婚を潰されれば絶縁したくなるのも当然と思います。




関係修復などの方法などありません。




ひたすら自分のエゴが起こした当然の結末と反省することですね。



posted by ミッキーハウス at 10:11| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: