2018年07月24日

妻が私の言葉に激怒しました。






皆さん、こんにちは。今回、離婚サバイバル日記〜生き残るのは俺か、鬼嫁か?の傑作選をまとめた本「 浮気・不倫・W不倫〜男と女のサバイバル日記」が、AmazonのKindle本で出ました。価格も安いので、良かったら読んでみてください。

第三集「不倫の相手はソープ嬢・・・」など収録して新発売しました。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



最初に「いいね!」をお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




--------------------------------------------------------------------------------








おはようございます。




2018年7月24日、感謝の朝です。




「いくつになったって、




自分の人生をより価値あるものに




するための努力をするべきだ。




何の問題も起こらない人生が、




素晴らしい人生なわけがないのだから」




byカーネル・サンダース

(ケンタッキーフライドチキンの創業者として世界的に知られるアメリカの実業家。本名は「ハーランド・デーヴィッド・サンダース」(Harland David Sanders)。日本では「カーネルおじさん」や「ケンタッキーおじさん」の愛称で親しまれているが、「カーネル」というのは名前ではなく、ケンタッキー州に貢献した人に与えられる「ケンタッキー・カーネル」という名誉称号に由来)








〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

4ffca7825357fc77f6daada647223ab5.jpg



さて、妻が私の言葉に激怒しました。


私は妻の方がおかしいと思っただけですが、



どう思いますか?



そんな相談です。







--------------------------------------------------------------------------------
















<妻が激怒した経緯はこうです。

小学一年生の息子がおり、




幼稚園を卒園してから行きつけの公園を変えました。

降園後に行っていた幼稚園近くの公園は、




校区外ということもあり、




息子は家の近くの公園に行くようになりました。

妻はまだ心配なので、息子に付き添って公園に行きます。

その公園に、幼稚園時代に息子のことが好きと言っていて、




学校も同じクラスの女の子がよく来るそうです。

その女の子の下には3歳の妹がおり、




その子のお母さんは2人の娘さんを連れてきて、




ほぼ毎回会うとのこと。

妻はその女の子の母親が大嫌いとのことで、




理由は、息子に抱きつくからです。

娘さんが息子の頬にチューをしても注意しない、




下の子が目の届かないところへ行っても追いかけない、




公園から飛び出してても石を投げていても見ていない注意しない、




そんなこともあり、




その女の子の母親が大嫌いだそうです。

私が仕事から帰ると息子は寝ており、




妻は公園での愚痴を私にこぼします。

私は、ほかのお母さんの悪口を言われているようで、




悪口を言う妻に嫌気がさします。

しかし悩み相談かも知れないので、アドバイスもします。

例えば、「3歳の子育ても大変なんだから、




その子が道路に飛び出したり石を投げていたら、




お前が注意してあげればいいじゃないか」とか、




「抱きつくくらいいいじゃないか。




可愛がってくれているだけだよ」とか、




「子ども同士がほっぺにチューするくらい怒ることじゃない。




微笑ましいじゃないか」と、




妻の気持ちが楽になるようにアドバイスしました。

それが妻の逆鱗に触れたようです。

激怒し、目も合わせてくれません。

そんなに怒るようなことを言ったと思いますか? >





要は、その母親が大嫌い=子供も嫌い。




坊主憎けりゃ袈裟まで憎いということ。




その意見に同意してくれるはずの貴方が勘違いした答えをしたので激怒。




そんなところですね。




嫌ならそんな母親や子供と付き合わなければ良いだけ。




そのように言えば良いと思いますよ。











posted by ミッキーハウス at 09:02| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: