2018年08月05日

婚活パーティで出会った男性とお付き合いが始まったのですが、半年後衝撃の事実が。











皆さん、こんにちは。今回、離婚サバイバル日記〜生き残るのは俺か、鬼嫁か?の傑作選をまとめた本「 浮気・不倫・W不倫〜男と女のサバイバル日記」が、AmazonのKindle本で出ました。価格も安いので、良かったら読んでみてください。

第三集「不倫の相手はソープ嬢・・・」など収録して新発売しました。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



最初に「いいね!」をお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




--------------------------------------------------------------------------------





おはようございます。




2018年8月5日、感謝の朝です。




「僕にとって仕事とは


自分自身の誇りのようなもの。




人によっていろいろな形や答えがあると思いますが、




僕は誇れるものを仕事にしたい」








by野尻佳孝

(東京都出身の実業家。結婚式関連事業などを手掛ける株式会社テイクアンドギヴ・ニーズの創業者)













〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


357aa1bfb085865a72ef7b8341a0a1b7.jpg


さて、婚活パーティで出会った男性とお付き合いが始まったのですが、




半年後衝撃の事実が。





そんな相談です。
















--------------------------------------------------------------------------------













<私と友人 35歳


男性 32歳

学生時代の友人と一緒に行った婚活パーティで、




カップル成立した男性とその後 、



何回か食事に行ってお付き合いすることになりました。


しかし半年後、男性からお別れの連絡がきたのです。

実は一緒に行った友人と結婚することになったと!


男性は私と友人を天秤にかけていたのです。


そして友人もその事実を知りながら、




男性と付き合っていて平謝りされました。

友人の言い分→私がカップル成立になったが、




その場で連絡先交換の用紙がきたので、




あまり深く考えずに会ってしまった、




私ちゃんが男性と交際開始時に報告がなかったので、




きっと破局したのだと思った。


(確かに付き合うようになったときに友人には濁しました。




それは先行き不透明だったのと順調にいったあとに言いたかったから)


そして男性から告白されたときも、




私ちゃんのことは言われなかったがこっちも特別聞かなかった。




結婚の話になったときに初めて言われたが、




私ちゃんとは会って食事しただけだと。


だから別に気にしていなかったし男性のことは嫌いにならなかった。

ちなみに私と男性は身体の関係はありませんでした。




仕事が忙しいとのことで会うのは2-3週間に1度。




それ以外に友人と会っていたことになります。

少し正気に戻ったので友人に、




交際を並行するような男は最低だと言ったのですが、




それも承知で結婚するようです。




そして私に言っていた仕事場と年収は実は違い、




もっとちゃんとした企業で年収も高かったのです。




嘘をつく男は最低ですよね、友人のことを思うと不憫です。


ただ友人も私との連絡をうざく思ってきたらしくて、




最近はLINEも未読無視状態です。




インスタには両家の食事会やウェディングドレスの試着など話題がもりだくさんで楽しそうです。

これは男性がひどいですか?




しつこい私が未練がましいでしょうか?




過去にも恋愛で天秤にかけられたことがあるので男性不信になりそうです。 >







う〜ん、男性の立場から言わせてもらうと、

天秤かける女性の方が多いよ。

お見合いで付き合った女性は大抵天秤かけていたもの。

怒る気持ちは判るけど、

そんな天秤かけるような人間はそれだけの人間ということ。

結婚してから上手くいくかはわからんからね。

でも、天秤かける男ということが判って良かったのでは?

肉体関係をもってから切り捨てられるよりは遥かに良いよ。

もっと、良い男を見つければ。

頑張ってね。。








posted by ミッキーハウス at 10:00| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: