2018年09月07日

性格不一致で 離婚調停中です。






皆さん、こんにちは。今回、離婚サバイバル日記〜生き残るのは俺か、鬼嫁か?の傑作選をまとめた本「 浮気・不倫・W不倫〜男と女のサバイバル日記」が、AmazonのKindle本で出ました。価格も安いので、良かったら読んでみてください。

第三集「不倫の相手はソープ嬢・・・」など収録して新発売しました。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



最初に「いいね!」をお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




--------------------------------------------------------------------------------




おはようございます。

2018年9月7日、感謝の朝です。

「重要なのは、

ストーリーは続いていくということ。

今はまだレースの途中なんだ。

スタート地点でもなく、

ゴール地点でもなく、

レースの真っ最中なんだ。

どんな状況でも

我々は前に進み続けなければならない」

byユルゲン・クロップ
(ドイツ・シュトゥットガルト出身のサッカー指導者、元サッカー選手。選手時代はフォワードとして活躍し、1.FSVマインツ05などに所属。2001年に現役を引退してからは指導者としての道を進み、古巣のマインツやボルシア・ドルトムントで監督として活躍。ドルトムント時代には香川真司のほか、グロスクロイツ(ドイツ代表)、ゲッツェ(ドイツ代表)、レヴァンドフスキ(ポーランド代表)らをブレイクさせ、チームをリーグ優勝にも導いた)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




6acfb32cb3910ed3e5e233aa72fad4ec.jpg


さて、性格不一致で 離婚調停中です。


そんな相談です。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜








--------------------------------------------------------------------------------










<主人が 申立人です。

いままで4回調停をしてきましたが 相手の離婚の意思は変わりません。

きっかけは 長男の素行問題に関する夫婦喧嘩がきっかけです 。

その他 過去にもいろいろあり 主人が私との家族の不和も理由にいてきています。

(主人は 現在の家を購入するとき 頭金を私の両親に貸してもらったり 、
単身赴任先のアパートの保証人にもなってもらています)

現在 主人は 住所 電話番号を変え 弁護士をたてています

あともうひとり中学生の子供がいます。
こどもは 離婚を嫌がっています

私も娘が成人するまで離婚を拒否していますが 、
現状 離婚調停が不成立になると 、
裁判に成るのではないかと 不安で胸が押しつぶされそうです。

先日の調停で 、主人に どうしても離婚したいのなら 自宅は私に名義を変更。
但し残りのローンに関しては 、
私と子供たちに関して 1年以上家庭放棄している状態なので、
精神的苦痛と慰謝料として 残りのローンを主人が支払。
現在私の手元にある予貯金をすべてこちらに譲渡。
年金も婚姻生活20年分を半分譲渡。
退職金も現在の退職金を換算して20年分の半分譲渡。
生命保険もすべて解約して半分譲渡。
娘の養育費毎月4万円 。
但し15歳になったら毎月5万円。
あと 子供たちの学資保険 全額こちらに譲渡。
子供たちに対してきちんと自分の口から説明すること。
私の両親に対して保証人にもなってもらいるので あって 謝罪する事。

給与口座の公開。住所・電話番号の公開する事を 、
すべてできるなら離婚に応じると言いました

私に離婚原因はありません。
息子の非行問題(家庭内暴力 器物破損 窃盗 無免許運転 深夜徘徊 喫煙 飲酒など 警察 児童相談所相談済み)での口論は夫婦間ではありました。

こんなことで 離婚調停不成立になった場合 裁判にが申し立てれますか?

主人の単身赴任は3年。
11か月前まで 普通に 電話で毎日連絡をしていました。


アドバイスお願いします 。


まず、不成立なれば、そのまま裁判に申し立てれます。

ただ、要求が多すぎるので、相手は飲まないでしょうね。

裁判になれば、要求が全て認められるかもしれないし、

全て認められないかもしれません。

裁判は勝負なのでリスクはあります。

どちらでいかれるかは貴方次第です。
posted by ミッキーハウス at 08:55| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: