2018年10月03日

旦那が不倫をしていて不倫を問い詰めると離婚してくれと言ってきました。






読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


おはようございます。

2018年10月3日、感謝の朝です。

「不幸の原因は

決して状況ではない。

原因はあなたの考えにあります」

byエックハルト・トール
(ドイツ出身のスピリチュアル作家、カウンセラー。ロンドンでカウンセラーとしての活動を経て、1995年からはカナダのバンクーバーに在住。現在は、世界各地で精力的に講演活動を行っている)









〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



0f073f08ddc62881cdf0caf12c64c9b0.jpg


さて、旦那が不倫をしていて不倫を問い詰めると離婚してくれと言ってきました。

そんな相談です。










家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜











<それが昨年のことで、

私は今すぐはしたくないと拒否し、

再構築できないか自分なりに努力していましたが、

旦那は不倫をやめず続いていました。

それが年末に不倫が終わったようで、

私とも夫婦の関係を持つようになり以前より仲良く過ごしていました。

ですが旦那の意思は変わっておらず、

「離婚したい気持ちに変わりはない」と言われてしまいました。

私の中の何かが切れてしまい、

元不倫相手に慰謝料を請求し相手は支払うと言ってきたのですが、

旦那に相談したようで、

旦那の態度が一変しました。

そしてうちは共同経営者で旦那と二人で会社を立ち上げ二人で働いています。

経理は私がしているのですが正直生活費で、かつかつです。

それを知ってか知らずか、

旦那が急に車を買うと言い出し、

もしかしたら慰謝料を肩代わりする気ではないか?と思いました。

まだ、離婚はしていないので、

慰謝料請求と旦那と連絡を取らないことを約束してもらったのですが、

慰謝料請求されたと連絡はとるは、

慰謝料の出所も怪しいです。

相手の弁護士に連絡をとると、

女は反省していて今後一切関わらないと言ってますと言ってきたので、

慰謝料の話をしたことや出所が怪しいことも話しました。

弁護士は女にきつく言いますと約束してくれたのですが、不安です。

旦那は何一つ悪いとは思っておらず、

態度が一変してからは「女に何かしたら養育費を払わない」や

「私に会社をやめろ」とか言いたい放題です。

私はここまでされてさすがにもぅ再構築したいとは思わなくなりましたが、

離婚すれば多分女とやり直す。

旦那にとって良いことしかありません。

こんなくだらないやつに関わらないのが一番だということはわかってます。

でも許せないんです。

旦那には、「離婚はするが女とは関わるな」と言ったら、

「女とは友達として連絡をとる」と言い切りました。

それなら離婚はしないと言ったのですが、

ばかばかしくて、

もぅ、好きにさせてすっぱり離婚すればいいですよね。>


いや、離婚したら相手と再婚するだけですよ。

別居して、生活費を毎月取りながら慰謝料も取る。

それが相手に一番つらい方法です。

旦那が「別れたければ、財産分与と慰謝料も払え!」と言えば良いのです。

貴方は被害者ですから、旦那からも貰う権利があります。



posted by ミッキーハウス at 08:33| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: