2018年12月11日

離婚した父の葬儀・墓をどのようにすればよいですか?











読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜









おはようございます。

2018年12月11日、感謝の朝です。

「人が自分の予想と矛盾する情報に出会ったとき

その反応は二つに分かれる。

ひとつは自分の予想の正しさを否定しなくてもすむように

新しい情報を拒否する。

もうひとつは新しい情報を

あるがままに受け入れようとする。

現実を自分に合わせるのではなく

自分を現実に合わせようとする。

そしてそれを利用する。

優秀な人間ほど前者を選びやすい」

by チャールズ・エリス
(アメリカの投資コンサルタント、実業家、投資家。国際戦略コンサルティング会社「グリニッジ・アソシエイツ社」の創業者)






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2ea1a877754a93a432a0accefc699aa9.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


さて、離婚した父の葬儀・墓をどのようにすればよいですか?

そんな相談です。







家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
























家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



<30年間の結婚生活の後、両親が離婚して10年が経ちます。

子どもは3人います。(質問者は長女で、ほかに長男、次男がいます。)


父は東日本の出身で、西日本の母と結婚し、婿養子となり、
義両親との同居していました。

家業を継ぎましたが、経営がうまくいっておらず、給料ナシのタダ働き状態だったそうです。

DV・借金・浮気・ギャンブルなど、問題だらけの父だったので、
離婚する予兆はずっとありました。

3人の子どもが成人し、全員結婚した後に、
何度目かの借金が発覚して、父が家出をし、ついに離婚となりました。

離婚後、父は結婚前の姓に戻して、東日本に帰り、
不摂生で病気になり、生活保護を受けながら施設に入っていました。

細かな手続きのサポートや介護は、父のきょうだいがしてくれていました。

30年の結婚生活の間で、父ばかりが悪いと母から聞かされていたため、
最初は母に同情していた私ですが、
年齢を重ねるにつれ、
次第に母にも原因(宗教狂いで家庭より優先していた)があることに気付きました。

父の起こした問題は到底容認できるものではありませんが、
あの母なら借金・浮気・ギャンブルに逃げたくなる気持ちや、
話の通じない相手に手が出てしまう気持ちも分からなくはないと思えるほどです。

私は未だに宗教狂いの母を許すことはできず、
両親の離婚後10年間、母とは絶縁状態ですが、
父のことは許せるようになり、
離婚後に何回か(と言っても片手で数えるくらいですが)会いました。

私にとって父に会う意味とは、
母から一方的に聞いていたことは間違いだったと分かっているよという意思表示であり、
孫に会わせることで少しでも喜んでもらいたいという気持ちもあります。

そのため、私は父のきょうだい(おじ・おば)とも連絡を取っていました。

長男&次男は、離婚の手続きをするため、
母の手足となり西日本と東日本を行き来していたため、
長年母の味方だったのですが、
最近になって母に問題があったことを少しづつ理解してくれるようになりました。
でも父や親戚と会ったり、連絡を取り合うことはなく、絶縁状態です。

このような状況で、いよいよ父の死期が近づいてきたと連絡がありました。

葬儀や墓のことをどうするか、
子ども達の意見を聞かせてほしいと言われましたが、
どうしたら良いか考えが浮かびません。

父の過去の数々の問題は許せたものの、
私は「子」として父への情がないため、
私が父の喪主になるとか、死後の供養をするという考えは全く浮かびませんでした。

長男、次男も同じく父への情はなく、喪主になるつもりはありません。

そのことを父のきょうだいに電話で話すと、驚き、呆気に取られ、
話せる状態でなくなったため、電話を切りました。

※私たち3人の子どもが家族に抱く感情(「子は親にこうするべき」
「父にこうしてあげたい」など)が欠落しているのは、
母があまりにも父を蔑んでいたことや、
おかしな宗教の価値観を植えつけられたせいではないかと思っています。


このような状況ではありますが、
早急に父の死後、どうするかについて意見をまとめなければいけません。

葬儀について不勉強なため、
どのような選択肢があるかも全く分かっておらず、
以下にあげたもの以外にも問題が出てくるかもしれませんが、
ひとまずご意見をお伺いしたいと思います。

@父の死後、遺体をどこに置くか。
(施設に入っていましたが、現在は緩和病棟に入院中のため、施設は解約済みで帰る場所がありません。父とおじ・おばは東日本におり、子どもは全員西日本です)

A葬儀の喪主は誰がするか。

Bどのような葬儀をするか。

C遺骨はどうするか。
(父の先祖代々の墓は東日本にあり、西日本には母の先祖代々の墓があります。私は嫁いでいるし、長男・次男は母と同じ墓に入ることになると思うので、父子が同じ墓に入ることもできないと思います。)

D父の借金(未納の税金、治療費、おじ・おばに立て替えてもらった入院費など)は3人の子どもが支払う義務はありますか。正の資産はありません。

どうぞよろしくお願いいたします。 >





まず、父親と断絶した者です。

4年前に父が亡くなり、私は長男で、姉が2人いますが、

私は死に目に会うことさえ断っていましたが、

長女に泣きつかれ病には行きました(死に目には会いませんでしたが)。

その後、葬儀の話になり、私は断固拒否しました。

ただ、他家に嫁いだ姉から、「他家に嫁いだ者が喪主はできない」と、

またまた、泣きつかれて喪主をしました。

まあ、親戚や周りの人からは無難な葬式として終わり、良かったのですけど。

本人としては、悲しい感情など一片も無く、半分に怒りが湧くほどでしたが・・・

葬儀から数年経ちますが、今は喪主をしておいて良かったとは思います。

親戚・兄弟で、葬式の件で波風が立ちませんから。

あなたも色々あるような感じですが、

葬儀とはその人の生前の価値を周囲に伝えるモノとも言えます。

そのまま放置するのも自由なのですが、

もう仏になった人に対して怒っても詮無いこと。

子供や奥さんが喪主をしないという事は、

その人の一生が
くだらないモノという宣伝になります。
posted by ミッキーハウス at 09:13| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: