2019年01月14日

離婚後に元妻の不倫を知りました。
















読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





おはようございます。




2019年1月14日、感謝の朝です。




「私は失うことを前提に考えます。




獲得することに夢中になるのではなく




保護することを第一に考えます」




byポール・チューダー・ジョーンズ
(アメリカの投資家、ファンドマネージャー、慈善事業家。チューダー・インベストメント社やロビンフッド財団の設立者)

〜〜〜〜〜〜〜〜



1f5566484b938f9643542ccdb6cc8aee.jpg



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



さて、離婚後に元妻の不倫を知りました。




そんな相談です。













〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
























家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






<慰謝料請求はするつもりでいます。


現在、元妻と不倫相手と子供たちで暮らしているのですが、




子供たちに元妻が不倫していた事、




その相手が今一緒に暮らしている人だという事を伝えてもいいのでしょうか?


どうにか子供たちを引き取りたいです。




子供は小学6年と4年です。


同じような経験をされたアドバイスお願いします。 >







まず、同じような事をされましたが、

もう、アナタは離婚されたのでしょう?

それを民事訴訟で慰謝料請求されるのでしたら、

物的な証拠が多数必要になります。

もちろん、立証責任はあなたにあるので、

立証できなければ逆に慰謝料を払わなければならないリスクがあります。

それと、お子さんに事実を知らせる覚悟とか。

その点は、良いか悪いかは私にも判りません。

私も同じことを考えていましたから。

でも、子供の立場としたら苦しいでしょうね。

そこを悩んで私は言いませんでした。

大きくなったら自然に判ることですし、

あなたに愛情があるのなら会いに来ますよ。

そんな女の事を忘れて、もっと良い女を見つける方が前向きですよ。

私もそう思い、ふっきりました。

まあ、不倫した元妻はその後上手く行っていないですから。

天はそんなクソ女に幸せなどは与えませんよ。











posted by ミッキーハウス at 09:55| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: