2019年01月17日

嫁が概ね月一で実家に3日から5日程度 一歳半の子供を連れて帰省します。












読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






おはようございます。




2019年1月17日、感謝の朝です。




「まねることではなく発見すること。




それが教育ではないだろうか。




社会や親や教師に迎合することはたやすい。




それは安全で簡単な存在の仕方ではあるが




生きることではない。




なぜなら、そこには恐怖心と衰弱と死があるからだ。




生きるとは何が真理かを独力で見極めることなのだ」




byジッドゥ・クリシュナムルティ
(インドの哲学者、教育者、著述家。南インドのマドラス(チェンナイ)近郊マダナパル出身。人は自己認識によってのみ真理を見出すことができると説いた人物であり、不必要な知識や記憶がもたらす条件付けからの解放や洞察による脳細胞の変容などを指摘した彼の教えは幅広く支持を集めた)






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



1eda636b513ea32242b506ec4b9c95d1.jpg


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






さて、嫁が概ね月一で実家に3日から5日程度



一歳半の子供を連れて帰省します。




そんな相談です。













〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
























家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜








<嫁は今私の実家に来ていただいており、


私の母と父と私と奥さんと子供で住んでおります。

奥さんの実家は2時間弱位の同じ県内にありそちらに帰ってます。


あちらはお父様がいらっしゃらず、


お母さんとおばあちゃんの二人暮らし。

息抜きで奥さんは帰ってるんですがこのままでよろしいでしょうか?

奥さんは専業主婦で二十代前半、私は二十代後半。

帰るーって言われた時は、




寂しいですが、


実家に帰っても写真撮ったりして子供とどこいったとか教えてくれます。

私は子供の面倒もみなくて、


家でゲームしたりゆっくりしてますが、


このままでいいのかたまに不安になります。

土日は奥さんと子供と私でしょっちゅう出掛けてます。

まとまらない質問?なのですがアドバイスよろしくお願いします。 >




まず、それぐらいの息抜きしないと同居は無理です。

あなたが逆の立場なら、ずっと相手の親と同居できますか?

他人同士が暮らすというのは大変なことです。









posted by ミッキーハウス at 09:58| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: