2019年03月01日

50代の彼氏がいる30代です。










読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜








おはようございます。




2019年3月1日、感謝の朝です。




「人生は、心で決まる。




仕事で疲れたアナタ、




嫌なことがあったアナタ、




心の目をしっかりと見開いて、




マイナスをどんどんプラスに変えてしまいましょう」




by露の団姫
(愛知県出身の落語家、僧侶。本名は「鳴海ハトル」(なるみ-)。夫は太神楽曲芸師「豊来家 大治朗」(ほうらいや だいじろう))













〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


4b68e16d3f48ef7401a63be33ebd3eaf.jpg


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




さて、50代の彼氏がいる30代です。



デート代はいつも出してくれます。




そんな相談です。






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




















家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜











<こちらが出そうとやり取りすると「恥ずかしいから止めて」と、




いい歳した男が歳したの女性に払ってもらうのはかっこが悪いと言います。

面子と言うか、立てる意味でもお店では御馳走様と素直に出るようにしてますが、本当にこれでいいのでしょうか…?


ご馳走になったら、




次の機会で彼がいつも飲んだり食べたりする消耗品を渡してお返し?のつもりをしています。


たまの話ならこれもいいのですが、




毎回これが当たり前のようになるのは50歳男性としてはいかがなものでしょうか?

この形が続くと、




食事するにも素直に食べたいものを食べれないし




(メニューの中では高かったり)なんだか気を使います。


私もある程度は稼いでいるので…とも思うのですが。

また、これが続きすぎて、




本当に当たり前のようにレジでは財布を出さなくなるわけですが、




俗に言う「払って貰うのが当たり前になっている」みたいに男性は思いませんか?


毎回お返しを次の機会にはしていますが、




食事代よりは値段は下がったりもしますし…

歳の差での男性とのお付き合いで、助言をお願いします。 >





私も50代ですが基本的におごりますよ。

でも、彼女は誕生日などで贈り物をしてくれたり、

他の面で気を使ってくれます。

そんな感じで、お互い様ですよ。



posted by ミッキーハウス at 09:35| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: