2019年06月08日

離婚後のトラブル。

















読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おはようございます。




2019年6月8日、感謝の朝です。




「この世で最も大事なのは、




自立の方法を知ること」




byミシェル・ド・モンテーニュ
(16世紀ルネサンス期のフランスを代表する哲学者の一人、モラリスト、人文主義者。フランスのモラリスト文学の基礎を築いたと評される「エセー」の著者としても知られる人物であり、同書では自分自身の経験や古典からの引用(主にプラトンやアリストテレス、プルタルコス、セネカなどの古典古代の文献)を元にした考察を綴っている)






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

6d5356441eb23edd9faa161b873baa72.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜









さて、離婚後のトラブル。




そんな相談です。









〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




















家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜










<モラハラ夫と離婚をしました。




今回は向こうからの申し出だったので、




向こうの気が変わらないうちに早々に準備をして離婚をしましたが、




何点か忘れていた事があり




今向こうと話していますが、弱みを握られてるような感じで、




強く出れずにいます。




必要なら弁護士立てようかとも考えてますが、




どう思われますか?下に今困っている事を書きます。


@2月に入る子ども手当てを最初は全額私に渡してくれると言ってたが、




違う件で話してる時に、それなら手当ても渡さないと言われた。


A車も最初くれると言ってたが、




今は名義変更に応じてくれず任意保険もかけれない




(名義変える前提で今は契約している。猶予はあと二週間です。)


B子ども二人分の学資保険をどうするかが一番揉めており、




私は名義変更を申し出て、




それが不公平なら、




解約で戻り金を半分ずつもらう事を提案しましたが、




元夫は学資保険をそのまま自分名義で払い込み、




その分養育費を減額すると一方的に言ってきてます。

養育費は子ども二人で三万で、




もし学資保険に充てられると5千円ほどしか毎月もらえない計算です。




一応公正証書を取ってます。

とにかく私に手当てがこれから沢山入るから、




生活していけるだろうと無茶苦茶言ってきて話になりません。




それは違うと言っても、




「たった三万もらえないで生活苦しいなら子供は俺が引き取る」って言われました。


こんな事案は弁護士さんをつけても無意味でしょうか? >





そもそも、お子さんの権利は、




ダンナが好き勝手にできるものではありません。




公正証書が優先するので、




ダンナのアホな話に付き合う必要はありません。

弁護士を入れて、正当な権利として払わせること。

払わなければ差し押さえをすれば良いだけです。

モラハラ男に法的な怖さを思い知らせる良い機会です。




posted by ミッキーハウス at 10:19| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: