2019年08月25日

在留ビザが欲しいからと夫が離婚に応じてくれません。








読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







おはようございます。

2019年8月25日、感謝の朝です。

「 心のあり方が好ましくないと気づいたら、

その瞬間に好ましい心に入れ替えてしまいましょう 」

byジィーン・マーフィー
(自己啓発・精神法則の世界的な権威「ジョセフ・マーフィー」(Joseph Murphy)の夫人)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

0d33072f25b9cae517f12e1bd71b32f6.jpg


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



さて、在留ビザが欲しいからと夫が離婚に応じてくれません。

そんな相談です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




















家庭の問題、そこまで言って委員会



< 弁護士を双方立てていますが、夫が逃げ回っている点と、

弁護士の対応が遅すぎる点で別居して1年半以上何の進展もありません。

夫のDVにより、環境が悪化し改善する為、弁護士を雇った後で引っ越しをしました。

引っ越しをしたので調停の際、
私が弁護士事務所へ自費で行かなければいけない為、
引っ越し先での先生を探した方がいいと解任を勧められました。

1年半、弁護士を雇っていても正直助けて頂いた事が1つもないので、
調停先が遠方の場合は解任しようと思っています。

調停は、調停申し立てをしてから2ヶ月かかると伺ったのですが、
先生でなく当事者でも同じ日数かかるのでしょうか?

又、裁判は基本的に調停をしてからとの事ですが、
どうしても裁判を先にする事は出来ないのでしょうか?


夫からの援助は当然1つもない状況です。

数ヶ月前に告白をされた方がプロポーズをして下さり、
とてもいい方なので再婚を考えていますが、
離婚をしてくれないので出来ません。
(肉体関係は一切ありません)

夫のDVによりできた私の精神疾患も、
子供達の事も全て受け入れ、
とても理解し、良い方向に持って行こうと努めてくれています。

又、新しい夫が出来る事は調停や裁判で有利・不利どちらになるのか、
夫は監護権を渡し、親権をくれるなら離婚してくれるとのことですが、
その条件で離婚した場合、
当然子供の親権は夫が握っているので、
新しい父親になろうとする方が現れても奪われたままなのでしょうか?


よろしくお願い致します。 >


まず、<調停は、調停申し立てをしてから2ヶ月かかると伺ったのですが、先生でなく当事者でも同じ日数かかるのでしょうか?

はい、先生関係なくかかります。

<又、裁判は基本的に調停をしてからとの事ですが、どうしても裁判を先にする事は出来ないのでしょうか?

制度が変わってからはできません。

もちろん、旦那が行方不明なら、1回目で終結して裁判に以降できます。

<新しい夫が出来る事は調停や裁判で有利・不利どちらになるのか、

別居など夫婦関係が破綻してからの交際は関係ありません。

もちろん、証明できることです。


<夫は監護権を渡し、親権をくれるなら離婚してくれるとのことですが、その条件で離婚した場合、当然子供の親権は夫が握っているので、新しい父親になろうとする方が現れても奪われたままなのでしょうか?

はい、子供が成人するまではそうです。

子供を握って長期別居したなら、母親に100%近くで親権はとれます。

まず、子供を握って別居して、2〜3年で判決がでます。
posted by ミッキーハウス at 10:00| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: