2019年09月05日

夫に休日は家族と過ごすようにお願いししてから、夫の様子がおかしくなりました。














読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おはようございます!

2019年9月5日、感謝の朝です。

「いかなる不幸の中にも幸福がひそんでいる。

どれが良いことで、

どれが悪いことか、

我々が知らないだけだ」

byコンスタンチン・ビルジル・ゲオルギウ
(ルーマニアの作家)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3b473a8b36726b4f6489efa627384041.jpg


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




さて、夫に休日は家族と過ごすようにお願いししてから、夫の様子がおかしくなりました。


そんな相談です。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




















家庭の問題、そこまで言って委員会




<夫にはある程度自由を許すべきでしょうか??

しかし我が家は小さな子どもがいる家庭です。

休日は100%家族のために過ごすのが当然だと思うのは私だけでしょうか??

長文になります。

私と夫は30代前半。

私は専業、夫はサラリーマンです。

子どもは小学生と幼稚園児の2人です。

私が不満に思ってきたことは、夫が月に平均して2回は土曜日に自分のプライベートな用事を入れることです。

友達と飲みに行ったり、ゴルフに行ったり。

ただでさえ、仕事が遅く終わるため平日はほとんどコミュニケーションがとれない人です。

土日を家族のために使ってくれないことが、私にはずっと不満でした。

私は今となっては、ママ友しかいないので子どもも一緒にランチやお茶に行くぐらいです。

だからこそ小さな子どもがいるのに夜に飲みに行くなんて言語道断。

そんなものは独身だけに許された遊びだと思っています。

ゴルフについても同じです。

会社の上司や得意先とのゴルフは許可していますが、友達とのゴルフは許していません。

土日に用事を入れず常に家族と過ごすようお願いしましたが、最初は反対されました。

このままでは家族がバラバラになると思ったので、

私も切実にお願いを続け、時には飲み会やゴルフの途中でも連絡を入れ続け、

ようやく土日もずっと家族で過ごしてくれるようになりました。


しかし、主人の様子がおかしいのです。

子どもの面倒は見てくれますが、口数が少なくなり、元気がないように感じます。

おそらく彼にとって友人との飲み会、ゴルフがストレス発散の手段だったと思うのです。

どうして家族と一緒にいることでストレスが発散できないのでしょうか??

子どもたちと遊んだり、公園に出かけたり、ママ友の家族と一緒にBBQしたり、子どもの笑顔がすぐそばにあるのに、どうしてストレス発散できないのでしょうか??

もちろん、仕事の付き合いや歓送迎会、結婚式など、やむを得ない飲み会は許可しています。


皆さん、どうですか??

ご主人のプライベート、どこまで許容していますか??

土日は家族のために過ごしてくれるご主人の方が多いですよね?? >



まず、やはり、女同士でも、はじけた話はしますよね。

男同士でもそこは同じ。

奥さんには出来ない話はそんなところでしか出来ません。

勿論、家庭や奥さんに愛情が無いということではありません。

上司やお得意様のグチなんかを言いたくても、

家庭ではしたくないでしょうから。

そこは理解して上げるべきと思いますよ。




posted by ミッキーハウス at 09:55| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: