2019年12月07日

子供の親権を父親がとるには。





読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


おはようございます!

2019年12月7日感謝の朝です。

「超一流になるために欠かせないのは、

純真さと勤勉さである。

必要なのは一瞬の煌きではなく、

透明性である。

われわれ一人ひとりに要求されるのは、

核心に焦点を絞ることであり、

それとは無関係なことに心を奪われないことである」

byジェームズ・C・コリンズの
(『ビジョナリーカンパニー』シリーズの共著者として知られるアメリカのコンサルタント、経営学者、元スタンフォード大学経営学大学院教授)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


1b432d8e7e86445aad6c95fbeb8a6d9e.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、子供の親権を父親がとるには。



そんな相談です。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




<妻と離婚したいです。

最近子供の前でもすぐイライラしてため息ばかりの妻と一緒にいるのが嫌になってしまいました。

イライラの原因は私のようなので、それならもう一緒にいなければいいと思いました。

家事も子育てもほとんど妻がやっていますが、やってくれと頼んだことは一度もありません。

こちらに言ってくれれば手伝うのに、何も言わず自分でどんどんやって、

それでいて「言われなくても気づいてやってくれ」と言ってきます。

言われなきゃ分からないことだってたくさんあります。

嫌ならやらなきゃいいと言えば「私がやらなくて全部できるの?」と言うので、

何とかなると言えば「子供もいるのに無責任すぎる」と言われ、じゃあ何て答えればいいのか。

妻は子供のために離婚は考えない、私は無視していいから子供とは普通に接してと言いますが、気持ちが冷めてしまいました。

離婚して子供の親権を父親がとることも多いようなのですが、何が決め手になりますか?

ちなみに子供は2歳です。

妻も正社員として働いていますが、時短なので私の収入の半分くらいです。

さらに離婚すれば実家に戻ると思うのですが、実家が遠いので仕事は辞めることになると思います。

経済面では確実に私の方が安定しています。

ただ、妻の実家は自営業で、ちょうど社員の募集を考えていると聞いたことがあるので、

妻が社員として働くことになるかもしれません。

私の両親は毎日家にいるので子供も見ていてもらえますが、80歳前後と高齢です。

妻の両親は60前後ですし自営業なので、仕事をしながら孫を見ていられるので有利かもしれません。

今まで子供の保育園の行事や、通院や入院したときの付き添いもすべて妻に任せてしまっていましたが、

これから私が全部する覚悟はあります。

料理もしたことはないですが、子供のために覚えます。

やはりこれから頑張るという意志だけではダメでしょうか?

今までの状態が考慮されてしまうでしょうか?

毎日子供と遊んだり一緒に風呂に入ったりしていて子供も私に懐いていますし、離れたくありません。

何とか親権をとることはできないでしょうか? >

まず、子供を連れて別居して、3年以上かけて調停〜裁判にかける。

取り返されたら負けは確定。

これしかないと思うね。



posted by ミッキーハウス at 10:06| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: