2020年02月13日

婚活における後悔を消す方法を教えてください。







読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おはようございます!

2020年2月13日感謝の朝です。

「私たちの疲労は

仕事によって生じたのではなく、

悩み、挫折、後悔が

原因となっていることが多い」

byデール・カーネギー
(アメリカ・ミズーリ州出身の実業家、自己啓発作家、ビジネスセミナー講師)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1a2a32a8b8a861ae265e22b32132a1fe.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



さて、 婚活における後悔を消す方法を教えてください。

そんな相談です。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






<数年前に出会い交際を申し込まれた相手がおりましたが、その際にはとても悩んだ結果お断りしてしまいました。

その後婚活を続けるもうまく いかず、

都合のいいことに「あの時振った彼と付き合っておけば今頃…」、

「彼は私のこと好きでいてくれたし条件も良かったのに…」など考えるようになり、

後悔するよりはと思い勇気を出して連絡をしてみました。

すると会う約束ができ、数回会うことになり、

今度はしっかり付き合ってみようと思えていたのに、

会うなかでまた彼に対してのすごく小さな違和感をいくつか感じてしまい交際を躊躇してしまいました。

私は元々付き合う前にかなり減点法式で見てしまう性格です。

そこを頑張って変えて彼を見ていたつもりだったのに、

あろうことか数年前と同じことを繰り返してしまいました。

友人に相談すると「そんなの気にするようなことではない」、

「話を聞く限り彼はとてもいい人だから見方を変えて頑張るべきだよ」、

「逃したら勿体ない」とアドバイスをもらいました。

その後押しのおかげで今度こそちゃんとお付き合いしてとことんまで彼を知ろうと決心した矢先、

私に振り回された彼の心はすでに離れており、

私と一緒にいてみて感じたが付き合う自信がないからもうお互い会わない方がいい。

もう会えない。無理です。と拒絶されてしまいました。

元々自分のなかでは彼に対し少なからずひっかかりがあったので「仕方なかった」、

「付き合えても確かにうまくいくかんじではなかった」という納得の気持ちがある反面、

せっかく会えたのにその縁を無駄にした、

数年前と同じことを繰り返してしまった、

もっと早く友人に相談しておけばよかった、

終わってみると大したマイナスポイントではなかったかもしれない、

やはりとことんまで向き合うべきだった、

我慢して付き合うべきだった、

私はものすごく勿体ないことをしたのではないか、

この先一生後悔することになったらどうしよう、

など、彼を散々振り回しておいてこんなことを思うなんて自分で自分を殺したいくらいなのですが、

そんな後悔の念にかられています。

もうこの反省を次に活かすしか方法はないと思います。

しかし彼から拒絶された悲しさと後悔の感情が消えず毎日辛くて次の婚活に踏み出せずにいます。

何か後悔から早く立ち直る方法、この一連の私の行動について同じような経験をしたことがある方、

何でもお言葉を頂けたら嬉しいです。

アドバイスよろしくお願いいたします。 >


過去は変えられない。

終わったことは忘れること。

前だけ向くことだけが、

貴方に必要な事です。



posted by ミッキーハウス at 10:37| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: