2020年06月12日

旦那の浮気が発覚しました。














読む前にポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おはようございます!

2020年6月12日感謝の朝です。

「やる価値のあることなら、

たとえ最初は下手であっても、

やる価値がある」

byミケランジェロ
(イタリア・ルネサンス期に活躍した彫刻家、画家、建築家、芸術家。レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ・サンティとともにルネサンスの三大巨匠と称される人物)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

d2be018a989679e47cdb0e271c4ceeed.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


さて、旦那の浮気が発覚しました。



そんな相談です。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



家庭の問題、そこまで言って委員会



*あなたの人生に役立つ情報

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法



復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚したら生きていけない、という苦しみから脱出する方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜離婚とこども〜ひとり親家庭の養育ノウハウ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今まで勝利者達が語らなかった!離婚調停マニュアル

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



< 旦那の浮気が発覚しました。

相手は会社の他部署の人。家庭もあるようです。

LINEチェックをしたら「大好き」「抱きたい」「俺に抱かれたいんでしょ」などのメッセージ。(写真撮りました)

一線を越えるまで時間の問題です。

相手からも「定時で急いで会いに来てくれてありがとう」「あなたにされる妄想してる」「家庭大事にしてね」など。

LINEの会話はその後削除されており、私にチェックされてるのも気付いているかもしれません。

私は旦那を愛しています。旦那も私や子供たちを大事にしてくれています。

性生活やスキンシップもありました。

円満だと思っていてだけにショックですが、離婚したくありません。

旦那もおそらく家庭を壊したくないと思っていると思います。

でも付き合って日が浅いみたいで相手の事は大好きみたいです。。。




そこで、旦那の浮気をやめさせた方に質問です。

近々旦那に打ち明け、話し合おうと思います。

浮気をやめてもらい夫婦でやり直す為には、どういった事が話し合いに必要ですか?

自分で思いつくのは
・落ち着いて話す(高圧的でなく、逆に泣きついて旦那有利になる事もしない)
・今後について話し合う
・どうして浮気したか旦那の気持ちを聞く
・私がどれだけ傷ついたか伝える
・目の前で浮気相手と別れてもらう(できれば連絡先も消して貰う)



そして、夫婦でやり直す事になった場合。必要な行動や取り決め等ありますか?

自分で思いつくもの
・ペナルティー(知り合いは旦那の浮気で家族旅行に連れて行ってもらいました)
・両実家に報告(事の大きさ、失う物の多さを分かってもらいたい)
・浮気相手に会って、念書を書いてもらう(浮気相手の家族にも伝えた方がいいですか?)
・今後蒸し返さないが、不安にはなるので、その時は抱きしめるなど不安をぬぐう努力をしてほしい。
・旦那に指摘された事があればそこを直す
・自分磨き(今は育休中で毎日スッピン、同じ服でした)
・ 料理や家の環境を今まで以上に居心地良いものにする様に頑張る。



あくまでやり直すために。

「これは逆効果」「これはやるべき」等ご指摘・ご意見いただきたいです。



旦那が私の事を本当に大事に思ってくれているか分からないので

この様な話し合い自体ができるか分かりませんが…

旦那に戻ってきてもらう為に、藁にもすがりたい思いです。>


まず、証拠を集めてから、弁護士同伴で2人に認めさせて謝罪させる。

そして、念書を書かせて慰謝料請求する。

そこまでしないと懲りないと思いますよ。
行政書士事務所に行って公正証書で慰謝料を決める。

手数料は相手持ちです。

これなら安価ですよ。




posted by ミッキーハウス at 09:59| Comment(0) | 相談事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: